メニューへ戻る
メニュー 初めての畳替え初めての畳替え
叢



畳の名称と畳替えの種類
このページでは畳の名称と畳替えの種類を覚えましょう。



ここで覚えて頂きたい名称は以下の3点だけです。

新畳、表替え   
  畳床(たたみどこ)
畳の中身です。敷いてある畳では見ることができません
   
  畳表(たたみおもて)

ご存知!畳の表面のゴザです。
 
  畳縁(たたみべり)
畳を縁取りしてある布です。これのないものもある。



次に畳替えの種類です。これも3種類だけですから簡単!

新畳 (しんだたみ) 畳床を部屋に合わせてカットし畳表、縁を縫い合わせて仕上げます。もちろんすべて新品で作ります
表替え(おもてがえ) 今お使いの畳から汚れた畳表と縁をはずし、新品の畳表と縁で仕上げます。
裏返し(うらがえし) 今お使いの畳から畳表と縁をはずし畳表をひっくり返し、新品の縁を縫い合わせ仕上げます。下図参照↓



裏返しの補足説明です。

裏返し   裏返しでよく間違えることは、表替えと混同される事(どうも表返しと思うようです)と畳そのものを、ひっくり返す事だと勘違いする事です。
畳表だけひっくり返すことですから、お間違えなく!


こんな畳は裏返しが出来なかったり、きれいにならない場合があります。
1度裏返ししたもの
新畳又は表替えから5年以上経過したもの
変形した畳
痛みの激しいもの
シミのあるもの

縁のない畳
その他詳しくはお尋ねください